calendar
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
archive

その場にあった服装をするというのは世界共通で用いられている文化だと思います。普段着というのは日常生活で着用するものですし、背広は仕事をする時にメインで着るものですよね。遊びに行く時にスーツを身に付けているのは場違いですし。大切な商談の時にデニムにパーカーと言ったラフな服装もそぐわないと思います。
シーンによって自分が身につける服装を変えることで、イベントなどに真剣に打ち込んでいるという誠意にも繋がりますね。

そんな見に付ける服ですが、日本では文化のひとつとして着物があります。この着物は昔の人の日常着であり、地位を表面的に表すための格式高いものであり、特別なイベントの時に着用する礼服でもありました。そしてそのような風習というのは現代にも続いています。
皆さんは着物の中でも色打掛や留袖というものをごぞんじでしょうか?このふたつは着物の種類なのですが、恐らくピンとこないという人も多いと思います。年配の方の方が色打掛や留袖には詳しいかもしれませんね。

若い世代の人からすると着物は着物、色打掛や留袖なんて見分けがつかないと思われるのも無理は無いでしょう。しかしどれがその種類に当てはまるかというのを知らないだけで、恐らく殆どの人は見たことがあると思いますよ。そしてこの種類にもそれぞれ意味があり、使い分けることでその時々に合わせた服装として活用することができるのです。
ここでは着物の種類である色打掛や留袖についてご紹介しましょう。これらの種類にどのような意味があるのか、またなぜ分ける必要があったのかなどの基本的な部分に触れていきたいと思います。日本の文化に触れるのはとても面白いですし、また新たな発見があると物の見方も変わると思いますよ。

通販で購入できるよさこい衣装とは(お祭天国)
留袖のレンタルをするなら;レンタルショップ比較サイト
振袖の人気レンタルサイトならこちら:-着物レンタル館-